誰が為にブログを書く   

本日このような記事を見つけました。
ブログの炎上について解説した記事です。
(「炎上」とはブログで迂闊なことを書いて叩かれること)

僕はこの記事を読んでいて、非常に気になる部分がありました。
それはこの部分です。

反対意見や批判的な意見は、あくまでも貴重な意見であり、妨害ではありません。それを勘違いして荒らしと決め付け、切り捨ててしまうことは、ブログや SNSの目的である情報発信を放棄するに等しいことであり、さらなる炎上を生むか、受信者から見放され、誰も見ない個人的な秘密の日記のようなものになり果てるでしょう。


誰も見ない個人的な秘密の日記のようなものになり果てるでしょう


個人的な秘密の日記のようなものになり果てるでしょう


なり果てるでしょう


なんだかね、「個人的な秘密の日記」であることが悪いかのような言い草ですね。

僕はですね、最初から「個人的な秘密の日記」のようなものにするつもりで、
このブログを始めたわけですよ。
はなからこのブログを世に知らしめようなんて思っちゃいないわけですよ。
トラックバック返しをすることはあっても、
自分から人様のブログにトラックバックを送ったことはないのですよ。

そりゃもちろんね、大勢の人が訪れてくれれば嬉しいですよ。
かなり励みになりますよ。
もっと頑張ってブログ書こうかな、って気になりますよ。
逆にアクセス数が落ち込んだら落ち込んだで、
そのことをネタに記事1つ書けるからそれもいいかな、って思ったりもしますよ。
どっちがいいかと問われればやっぱり人が増えた方がいいですけどね。

とにかく、特にアクセス数を稼ぐことを目的としていない、
適当に書きたいことを書きなぐっているだけの、
この「個人的な秘密の日記」的なブログを運営している僕に、
「なり果てる」とはどういうつもりなのか?
(「なり果てる」:最後にみじめな状態になること)

・・・なるほどね。

これは僕に対する挑戦なわけだ。

フフン、いいでしょう。
その挑戦、受けて立ちますよ。

「個人的な秘密の日記」の実力、
とくと見せつけてやりましょう。

さあ、いざ尋常に勝負!


・・・で、どうやって決着付けましょうか?

(注)
今回はネタにするために、あえて文章の中から
「誰も見ない秘密の日記のようなものなり果てるでしょう」という一部分を抜き出しただけであり、
本当にそのことに対して憤りを感じているわけではございません。
どうかご了承下さい。

・・・と、最後にフォローしておけば僕のブログが炎上することはないだろう。
うーん、僕ってばなんて気配りが行き届いてるんだろう。(これが余計な一言)
[PR]

by sabasuke | 2006-09-05 03:02 | 雑記

<< 今日は満月じゃない 聖剣伝説2 プリム1人旅攻略日記1 >>