ビビるたいぼく   

僕はビビリです。
かなりのビビリです。
超ド級のビビリです。
イジリー岡田さんのことをビビリー岡田さんと呼んでしまうくらいビビリです。
それはウソです。
ってか「リ」しか合ってないし。

いやね、先ほど「ぷっすま」を見てたらですね、
「ビビリ王決定戦」という企画をやってたんですよ。
それで僕は思ったんです。
「僕ならこれ0ビビリでいけるな」と。

なぜなら僕はビビリすぎるあまり、
ビビリメーターがラインより下に落ちることはないだろうから。
常に赤線の上にいる状態をキープしつつ最後まで乗り切るから。

ぷっすま見てない人には「何のことか分かんねえよ」って話ですが、
とにかく僕がビビリだということです。
心電図検査で3回もやり直しさせられるぐらいですから。
「目をつぶって気持ちを落ち着けてください」
と医者に言われてしまったぐらいですから。

ところでビビリといえばアレがありますよね。
最近やった方もいるかもしれません。
夏の風物詩とされる恐怖のイベント、
そう、肝試しです。
すっごい怖がりで、ちょっと物音がしただけで「キャーッ!」と叫んで腕にしがみついてくるような、
かわいい女性が一緒じゃないとまったく盛り上がらないあのイベントです。

まあね、おばけ屋敷とかなら結構平気なんですよ。
作り物だって分かってますからね。
脅かされることに対するドキドキはありますが、
「恐怖」といった感情ではありません。

しかし深夜の神社なんかに行ったりしたらもう大変です。
真っ暗です。なんか出そうです。めっちゃんこ怖いです。
3歩歩くたびにいちいち後ろを振り返ってしまいます。

もし「かっこーん」とか音が聞こえてきたりしたら最悪です。
間違いなくかっこーんおばけです。
どんなおばけかは知らないけど多分恐ろしいおばけです。
つかまったらきっと「かっこーん」ってされます。

いやいや、本当ですよ。
僕は昔実際に「かっこーん」の音を聞いたことがありますから。
超ビビリましたから。全力疾走して逃げましたから。
後ろを振り返る余裕はなかったので残念ながら姿までは確認できませんでしたけど。

え? 近くにししおどしでもあったんじゃないかって?
違うよ。・・・たぶん。

ということでね、
イチャつきながら肝試しなんかしてるようなカップルはね、
かっこーんおばけにかっこーんってされてしまえ!

「かっこーんってなんですか?」とかそういう質問はしないように。
[PR]

by sabasuke | 2006-08-30 03:07 | 雑記

<< 時給1000円 懐かしの半熟英雄プレイ記録6 >>