懐かしの半熟英雄プレイ記録2   

第3話 ああ 戦場に散った恋の花

さばかすけは城を抜け出し散歩に出かけ、今日も呆けておりました。
「ワラ ビュリホ~ デイ!」

ってな風に完熟プリンス登場。
「冷暖房完備! コンビニ近く! 駐車場あり! オートロック付き! 駅から徒歩5分!」
という素晴らしい条件のそろった完熟プリンス城が完成するまで、
配下の城を制圧していくことになりました。

先発隊はゼウス、ヴィーナス、アテナの3将軍。
アテナ将軍をアルマムーン城に残し、
いつも通りさばかすけ、ゼウス、ヴィーナスの3人で城攻めを行います。

敵の将軍の中にアポロン将軍がいるので、倒したら早速将軍募集して仲間にしておきましょう。
なお基本的にタマゴの使えない将軍は必要ありません。
まあそんな将軍を雇って「おくのて」を使わせるのも結構楽しいけど。
一発エッグは強いエッグモンスターが出やすいので、
一発エッグを持った将軍は弱くても雇っておいて敵に回さないようにするのも手です。

どうでもいいけどエッグモンスターアマゾンの持ってるガラハドの剣、
分かる人には分かるアレですね。
「な なにをする きさまらー!」は一部では超有名なセリフ。

金をため切り札エンジェリンとファバードを99個買い込み、
半熟レベルが12になったところで完熟プリンスの城へ。
バトル開始したらすぐにタマゴを使用。フロストベビー登場!
そして瞬殺。オゥ、楽勝だぜ! 半熟レベル上げすぎだ!

「外見でしか人を判断せんお主らなど・・・完熟軍以下じゃ!」
と大臣のセリフ。カッコイー!
そうだそうだ! 世の中の女性ども、見た目で人を判断するな!
・・・とか言いつつ可愛い女の子が好きでごめんなさい。

第4話 返れ季節よ この胸に

「そうカリカリするな。血圧上がるぞ。いつまでも若くないんだから」
と大臣を心配してくれる完熟大魔王。
でもここのボスは完熟大魔王じゃなくて完熟四季王です。
FF4に出てきた四天王のパロディ。

先発隊はゼウス、ヴィーナス、アポロンの3将軍。
今回はさばかすけをアルマムーンに残し、他の3将軍で攻めていきます。

右上の城:冬のウイナッツォ
「うう、コタツの赤外線ランプがー」

左上の城:春のスプリミリョーネ
「バトルだよ! 全員集合ー!」

右下の城:夏のサマカンテ
「小麦色に焼けた肌がセクシー あ~んど ストロング!」

左下の城:秋のフォーリシア
「枯れ葉は散ってしまうから美しい。生きてるってつらく悲しいでしょ?」

四季王戦ではエンジェリンを使用してからタマゴを使えば楽勝。
カバドラゴンとか出てくるし。今後のボス戦はこの戦法が基本になります。

四季王を倒すと失われていた季節が戻ってきます。
「春には桜が咲き乱れ、夏には砂浜にハイレグネーちゃんがあふれ、秋には枯れ葉散る大人のラブロマンス、そして冬にはクリスマス、正月、私の誕生日と楽しいことづくしじゃ!」
いやいや大臣さん、独り身の人間にとってクリスマスは何も楽しくないですよ?
ちなみに僕も誕生日は冬です。プレゼントは年中無休で受け付けております。
したらな!

f0042382_23441889.jpg

秋のフォーリシアさん。
「私を捨てたあの人の~」
「最後の言葉がよみがえる~」
「儚く、そして悲しい私の人生にサヨナラ」
[PR]

by sabasuke | 2006-08-25 23:51 | ゲーム

<< ハングリースパイダー 能ない鷹は爪を >>