吾輩は猫好きである   

先ほど色々な方のブログを見て回っていたら、
時評親爺さんのところでとんでもない話を知りました。

女流作家が子猫を殺しているだって!?

以下livedoorニュースの記事より抜粋。

2006年8月18日付け日経新聞(夕刊)「プロムナード」に掲載された、直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイが、ネット上を騒然とさせている。「私は子猫を殺している」というのである。坂東さんの掲示板では、06年8月19日にエッセイのコピーが書き込まれてからコメントが突如急増し始め、坂東さんへの批判が怒号のごとく続いている。

騒ぎになっているのは「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている」という文章ではじまる「子猫殺し」と題されたエッセイ。
タヒチに住んでいる坂東さんは、家の隣の崖の下の空き地に、子猫が生れ落ちるやいなや放り投げているという。

猫に言葉が話せるなら、避妊手術など望むはずがないし、避妊手術を施すのが飼い主の責任だといっても、それも飼い主の都合。「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む」。そもそも、「愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての『生』とは、人間の干渉なく、自然のなかで生きることだ」。人間は、避妊手術をする権利もないし、子猫を殺す権利もないが、「飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない」。

最後は、
「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」

と締めくくられる。

だそうです。
この件についての個人的な見解を述べさせていただきます。

>避妊手術を施すのが飼い主の責任だといっても、それも飼い主の都合
>愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ

これについては同意。家でも猫を4匹飼っています。捨て猫だったのを拾ってきました。
かわいそうでどうしても放っておけなかった、という気持ちはもちろんありましたが、
それは完全に僕の勝手な都合でありわがままです。
僕が猫好きで猫が飼いたかったから拾ってきて飼っている、ただそれだけのことです。
僕の行為が本当に猫のためになっているのかどうかなんて知りません。
その辺は重々承知しています。というか僕自身そういう意識を持ってペットを飼っています。

>獣にとっての『生』とは、人間の干渉なく、自然のなかで生きることだ

確かにそういう考え方もある、というか少し納得できてしまったりもするけれど、
人間も自然の産物であるのですから、人間の干渉がある世界は実は自然なのですよ。

>人間は、避妊手術をする権利もないし、子猫を殺す権利もないが
>自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した

そうですね。人間は動物に好き勝手する権利など持ってないでしょう。
あなた自身がおっしゃっているように、人のわがままに根ざした行為です。
どうせ勝手な行為であるならば僕は子殺しよりも避妊手術を選びます。
そもそもあなたは「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び」とか言ってますが、
それが一番勝手でしょう。なに猫の気持ちを決めつけてるんですか。
猫の『生』が充実しているかどうかは猫にしか分かりません。
あなたは猫のことを分かったつもりになって自分勝手に行動しているだけです。
っていうかあんた色々とゴチャゴチャ言うくらいならなんでペット飼ってんのよ?


とまあかなり厳しいことも言ってしまいましたが、
これが猫好きな僕の正直な気持ちです。
理屈もクソもなく、単に猫が好きだから猫を殺すなんて発言には憤りを覚えます。
だいたい「社会に対する責任として子殺しを選択した」って、
本当に社会に対して責任取るんだったら生まれた子猫を自分で面倒見てちゃんと育てろ!
[PR]

by sabasuke | 2006-08-24 03:31 | 雑記

<< 50センチの高さから落下 テイルズオブエターニア ファラ... >>