テイルズオブエターニア ファラ1人死闘編8   

セージやセボリーを使用してファラを強化。
HPが7000超になりました。
これで準備は万端。それでは挑むとしましょう。
時の大昌霊に。

・ゼクンドゥス戦
いやー、強いですねー。
久しぶりに白熱した戦いとなりました。
色々と試してみた結果、有効な攻撃は鷹爪落瀑蹴だけと判明。
他の技で攻撃してもガードされて反撃食らうのがオチです。
鷹爪落瀑蹴を当てつつゼクンドゥスの体を飛び越え向こう側へ行く。
ほとんどダメージは与えられませんがこの繰り返しが一番確実です。

序盤のゼクンドゥスの攻撃は、
テトラアサルト、ゼクンドゥスコレダー、ゼクンドゥスレーザー
あたりがメインです。
ゼクンドゥスレーザーはタイミングよく後ろにジャンプすれば避けられます。
ゼクンドゥスコレダーはどうしようもないので近距離で使われたらあきらめましょう。
テトラアサルトは鷹爪落瀑蹴で攻撃しつつ回避しましょう。

HPが半分以下になるとミリオンアサルトを使ってくるようになります。
まともに食らうと大ダメージを受けますが、
テトラアサルトと同じく鷹爪落瀑蹴で避けつつ攻撃できます。

問題はHPが4分の1以下になってから。
ゼクンドゥスが強烈な魔法を繰り出してくるようになります。
特にデュアル・ザ・サンやプリズミックスターズはダウン時間が長いため、
倒れている間に再び術を使われると嵌め殺し状態になってしまいます。
そうなったらもう身動き取れないのでリバースドールでしのぎます。

結局最後まで鷹爪落瀑蹴のみで戦い続け、
アップルグミ8個、レモングミ15個、パイングミ1個、ミックスグミ7個、ミラクルグミ6個、
さらにリバースドールを8個を使用してようやく撃破に成功。
なおリバースドールは全てHPを4分の1以下にしてから使わされました。
あー、強かった。でも楽しかった。

・シゼル戦
それじゃラスボスとちょっくら遊んでやりましょう。
ラブリィミトン、ペルシャブーツ、リフレクトリングを装備して、闇耐性を上げておきます。
これでエターナル・ファイナリティを使われてもダメージは4000程度、十分に耐えられます。
こっちが使う技は鷹爪落瀑蹴、獅子戦吼、三散華があれば十分。
アイテムを使うまでもなく楽勝でした。

・ネレイド戦
戦い方はシゼル戦と同じです。
といってもさすがに今度はアイテムを使わずに勝てるほど甘くはありません。
HPが減りフィアフルフレアを使うようになると、満足に攻撃もできなくなります。

ネレイドの攻撃で一番怖いのはエターナル・ファイナリティではなくアブソリュートです。
凍結中は装備変更ができず、リバースドールが装備できないため、
HPが半分以下の状態で凍結してしまうとそのまま全滅してしまう可能性が高いです。
エターナル・ファイナリティで受けるダメージも考え、HPは常に5000以上を保つようにします。

エターナル・ファイナリティを2連発で使われてちょっとピンチになったりもしつつ、
なんとかこのまま倒せそうだな、と思ったその時、
ファイナリティ・デッドエンド発動→全滅。
・・・これって操作キャラをリッドにしてる時にネレイドが死に際に使ってくる技じゃなかったの?

ちょっと予定が狂いましたが気を取り直して再戦。
今度はネレイドのHPを4分の1以下に減らした時点でリバースドールを装備しておき、
ファイナリティ・デッドエンドからの生還を果たしました。
それで生き残れるんなら光の極光術いらないじゃん!

レモングミ3個、パイングミ4個、ミックスグミ1個、ミラクルグミ6個、
リバースドール1個を使用して勝利。
それなりに強かったけど、まあゼクンドゥスに比べればザコでした。

ということでファラ1人旅は無事達成されました。
最初は自信なかったけどやってみたら意外と簡単でびっくりです。

結論:「鷹爪落瀑蹴があればなんとかなる! 序盤は根性で乗り切れ!」
[PR]

by sabasuke | 2006-08-23 23:47 | ゲーム

<< 吾輩は猫好きである ギョッとしたワニ >>