学校が休みでも塾は営業中   

ついに小中学生にとっては嬉しい夏休みが始まりましたね。
学生でもなけりゃもともと年中休みの僕にはどうでもいい話ですが。

でもね、夕方のニュースで言ってたんですけどね、
最近の子供たちはせっかくの夏休みなのにね、
塾に行って勉強してるんだって。

うっそー! しんじらんなーい!
僕が子供のころにはそんな奴いなかったよ。
少なくとも身近なところには。

なに? 最近は夏休みも勉強漬けにならなきゃいけないほど大変なの?
そんなに勉強難しいの?

ほら、僕は頭良いからさ、
別に勉強なんかしなくても授業についていけなくなるとかそういうことなかったからさ、
学校以外でも勉強するっていう感覚がよく分からないんだよね。


ただいま大変バカでアホでまぬけな勘違い発言があったことを心よりお詫び申し上げます。


それでですね、最近よく言われているのが経済格差の拡大による学力格差の拡大です。
経済的に苦しい家の子供は塾へ通うこともままならず、
十分にお金を費やし勉強をさせることができる裕福な家庭の子供と比べ、
どうしても学力が劣ってしまいがちなのだとか。

以前テレビで言っていたのですが、
某有名大学に通う学生の何割以上かは(肝心の数字は忘れた)
親の年収が1000万円以上の家庭で育った人だったということです。

でもこの話ね、単純に勉強の環境の差だけじゃないと思うんですよ。
つまり、年収1000万円以上稼げる人っていうのは優秀な人である可能性が高いわけで、
その優秀な人から生まれた子供はやはりそれなりに優秀になる可能性が高いわけで、
優秀な子供であればいい大学に入る可能性も高いわけで、
結局そういうことなんじゃないかと。

多くのお金をつぎ込んでたくさん勉強したからいい大学に行けたのではなく、
もともと優秀なものを持ってたからいい大学に行けたのではないだろうかと。
もちろんお金に助けられたところもあるでしょうけど、
親から優秀な遺伝子を受け継いだということが大きかったのではないかと。

別に優秀なものを受け継いでいなければダメだと言っているわけではないですよ。
それこそ本人の努力次第でどうにでもなるわけですから。
いや、そこで活躍するのがお金なのかもしれませんけど。

まあね、本当に勉強できる奴ってそう勉強しなくても勉強できるんだよね。
例えば小学生のころから一生懸命勉強ばっかりして頑張って東大に入る奴もいれば、
高3になってからぼちぼちと勉強しだしてそのままあっさり東大合格なんて奴もいるんだよね。
もうやってらんないよね。

ところで塾に行かないと勉強できないなどと言っておりますが、
本当に勉強する気があるんならわざわざ塾に行かなくてもできるんだよね。
家で自分で勉強して、分からないところがあれば学校に行った時に先生に教えを請う。
それで十分なはずです。多分。まあ夏休みだと先生いないかもしれないけど。
しかし大抵の人は勉強なんて好きでやってるわけじゃないから、
勝手にやれと言われてもなかなかできない。
だからこそ塾に行くわけですね。否応なくやらされる。
しかも教えてくれる講師までついてるんだからもう言うことなしです。
塾とか行ったことないからよく知らないけど。

そういえばみんな勉強って自分でやるより人に教えてもらう方がいいの?
僕は自分で調べて考えるのは好きだけど人から教えられるのは嫌いだったんだけど。

しかしまあ、あれですね。休まない夏休みって夏休みじゃないよね。
[PR]

by sabasuke | 2006-07-22 03:18 | 雑記

<< パンは英語じゃなくてポルトガル語 ファイナルファンタジー5 すっ... >>