アイ ラブ アニマル   

中国の動物愛護団体、「ネコ肉レストラン」に抗議

こんな記事がありましたね。猫を食肉としてメニューに出すレストランですってね。
まったく、とんでもない話ですね。どんどん抗議してやりましょう。

・・・でもね、「動物愛護」として抗議するのはね、ちょっと違うんじゃないかなと思うのですよ。
だってさ、普通に食べてるもんね。牛とか豚とか鳥とか魚とかは。
宗教によっては食べないけど。

猫も犬も牛も豚も鳥も魚も、みんな動物には変わりないよね。
なのに牛や豚を食べるのには文句を言わないのに、猫や犬だと抗議する。
これはおかしいですね。「動物愛護」じゃないですね。差別してますね。

動物愛護というのであれば全ての動物に対して優しくすべきでしょう。
そう、この僕のように。僕はたとえ害虫だって殺さない。
夏場に耳元を飛んで睡眠を妨害するうっとうしい蚊でも殺さない。
いらついてひっぱたいたりすることはあるけど、命を奪うまでのことはしない。
たまに気付かないうちにつぶしちゃってるけど・・・。
うーん、僕ってばまさに人類の敵だ!

そんな僕ですが、別に牛や豚や鳥や魚を食べることに文句は言いません。
自分でも食べてるしね。
でも猫や犬を食べることには文句を言います。
なぜならば、僕は猫や犬が大好きだからだーーーーー!!!

はい、とっても自分勝手な理屈ですね。でも人間ってそんなもんだよ。
まあ僕は牛も豚も鳥も魚も好きですから、殺さないに越したことはありません。
しかし、今にも餓死しそうな人の前に1匹の動物が現れた時、
「動物殺すのかわいそうだからお前食っちゃダメだぞ」
とはなかなか言えません。食わなきゃ人の方が死ぬんだしね。

そもそも他の動物を獲って食うなんていうのは、人間以外の動物もやってる自然な行為。
そこには牛も豚も鳥も魚も猫も犬も関係なく、ただ食えるもんを食う。それだけのことのはず。
それでも猫や犬を食べるなと叫ぶ僕。自分勝手に線引きしてるだけに過ぎない。

だいたいね、人間は一方で動物を愛護しながら、一方ではないがしろにもしてるんだよね。
ハムスターかわいがっときながらモルモットで実験してんじゃねえよ!
フェレットをペットにして愛でるんならミンクのコート着て喜んでんじゃねえよ!
イモムシ踏み潰して毛虫焼き殺してチョウチョきれいだねとか言ってんじゃねえよ!
矢の刺さったカモがかわいそうだと思いながらカモ鍋食ってんじゃねえよ!

ようし、ぶちまけた! 後で批判されるかもしれないけどとりあえずぶちまけてやった!
分かりましたか? 人の主張する「動物愛護」なんて、ただの自分勝手に過ぎないのですよ。
軽々しく「動物愛護」なんて言葉を口にするのはやめましょう。

まあね、何のために殺すかっていう違いはあるけどね。
食べるためだとか、「人間のために仕方なく」って普通は言うよね。
ただ理由はどうあれ「やってることには変わりない」って事をちゃんと意識しとかなきゃね。
人間を食べる生物が現れた時、「食べるために仕方ない」で済まされたらたまんないもんね。
・・・なんか僕変なこと言ってる?

まあいいや。それでは最後に僕から一言。
「動物愛護団体頑張れ!」
自分勝手でもいいのさー。だって僕は動物が好きなんだから。
[PR]

by sabasuke | 2006-06-20 03:12 | 雑記

<< チャチャチャッ チャチャチャッ... ドラゴンクエスト7 さばっぺ冒... >>