胸につけてるマークは流星   

15日のプロ野球横浜-巨人戦で、TBS系で放送しているウルトラマンシリーズの最新作、「ウルトラマンメビウス」が始球式を行ったようです。メビウスが投げたストレートはなんと時速120キロ! おおー、さすがウルトラマン・・・なのか? 

いや、これはきっとアレだよ。巨大化してなかったから。人間に合わせて人間サイズで出てきたから120キロしか出せなかったんだよ。ウルトラマンは巨大化しないと全力が出せないんだ。みんなのヒーローウルトラマンの真の実力はまだまだこんなもんじゃないさ。

と、紹介させていただいたウルトラマンメビウス、まあ別に見てはいないのですが、聞いたところによると、今作には何と歴代のウルトラ戦士が登場する予定だというではありませんか!

メビウスはM78星雲・光の国からやって来たという設定。ということはですよ、登場しちゃうわけですか? 初期ウルトラマン達が! ウルトラの兄弟たちが!

うおおー、すげー! ちょっと見たくなってきてしまった。いや、初期ウルトラマンが放送されたのは40年も前の話、ちょうど僕の親がリアルタイムで見てたぐらいなので、僕は当然生まれていません。せいぜい再放送でちょこっと見た事があるくらいですが、それでも僕はウルトラマンに深い思い入れがあるのです。

なぜなら、僕は3歳ぐらいのころ「ウルトラマン怪獣大図鑑」みたいなものを愛読していたのです。朝から晩まで図鑑を眺めて過ごす日々。あのころの僕の生活の9割はウルトラマンで占められていたといっても過言ではありません。・・・ごめん、ちょっと過言でした。

とにかくそんな僕ですから、その図鑑に載ってたウルトラマン、つまりウルトラ兄弟と呼ばれているウルトラマンたち、具体的には、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、レオの弟アストラ、そしてゾフィー。もしこの8人?が出るんだとしたらそれだけでもう何か懐かしくて嬉しくなってしまうのです。

どうやら既にウルトラの父は登場している模様。ということはいずれウルトラの母(もう出た?)、ウルトラマンキングも登場するんだろうか。うわー、楽しみだ! でも多分見ない(どっちだ)。

また忘れちゃいけないのが、敵として登場する個性的な怪獣たちです。やはり有名なのは宇宙忍者バルタン星人でしょうか。顔はセミ、手はザリガニ、でも鳴き声は「フォッフォッフォッフォ」。他にも水に弱いジャミラ、某政治家があだ名をつけられてたダダ、そしてウルトラマンを倒したゼットンなど魅力的な怪獣がいっぱいです。どちらかというと僕はウルトラマンより怪獣の方が好きでした。

とまあ色々と語ってみましたが、実際に僕がテレビで見たのをはっきりと覚えているのは数話分だけだったりする。バルタン星人(多分2代目)、ジャミラ、スカイドン、それとゴモラを多少覚えている程度。あ、カネゴンも覚えてる。・・・それはウルトラQか。

ウルトラマンといえばスペシウム光線というイメージがあるかもしれませんが、実は結構いろんな技を持っています。「八つ裂き光輪」なんてちょっと怖い名前だよね。そういえばみんな手に輪ゴムをはめて、腕を交差させて輪ゴム飛ばして「スペシウム光線」とか言って遊ばなかった? 僕だけ?
[PR]

by sabasuke | 2006-04-19 03:41 | 雑記

<< 「読売」じゃなくて「巨人」と呼... MOTHER3発売記念MOTH... >>