にくきう   

本日も「Excite Bit コネタ」からネタを拝借。
今回取り上げる記事は80年代よ再び…帰ってきた「ねこにゃんぼぅ」です。

「猫の体の中で一番可愛いと思う場所は?」

そんなのもちろん「顔」に決まってるじゃないですか。のどや耳の後ろをなでた時に、気持ちよさそうに目をつぶってゴロゴロと音を鳴らしてる時の顔。うわー、たまらん。しかし世間では「肉球」「お鼻」「しっぽ」が人気トップ3らしい。

なるほど。確かに「肉球」はプニプニしていて気持ちいい。だがアスファルトの上を駆けずり回ったりしていると、かすれてカサカサになっていることもある。まあそれはそれで気持ちいいけど。でも個人的には「肉球」よりも「ちょっと太った猫のお腹」のほうがプヨプヨしていて気持ちいいと思う。

「お鼻」も確かにプリチーで見ているだけで和む。しかし、猫の鼻は寝ている時を除いて、基本的に湿っているのだ。触ると冷たい。鼻水つけられてるような気がして個人的にはちょっとマイナスポイント。

そして「しっぽ」。うん、これも可愛い。しっぽフリフリしてるところにわざわざ手を伸ばして、しっぽビンタされてみたりすると何とも言えず幸せになる。でも時々そのしっぽビンタで机の上の物を倒したり、うっかりしっぽ掴んじゃったりすると怒って噛み付いてきたりするので注意が必要だ。

で、ようやく本題に入るけど、4月22日にバンダイから『ねこにゃんぼぅ』なるものが発売されるらしい。20年前に大ヒットした『猫ニャンぼー』というおもちゃの復刻版らしいけど、もちろん全然記憶にはありません。

どんなおもちゃかといえば、その名の通り「猫の手型の棒」です。長さ16センチで、持ち手のレバーを握ると、手の先が招き猫のように曲がるのだとか。毛並みや肉球などもリアルさを追求し、なんとツメまで飛び出すんだって! ・・・それって危なくね? 猫のツメって強力だよ。ひっかかれると血が出るよ。バイ菌入るとミミズ腫れになっちゃうよ。今日もじゃらすの失敗して家の猫たんにひっかかれたよ。

ってさすがにツメまでリアルに作ったりはしないよね。そういえば猫のツメって脱皮?するんだよ。知ってた? 前にも言ったっけ? とにかくそんな『ねこにゃんぼぅ』、お値段は945円となっております。・・・売れるのか? 使い道としては「友人や恋人にかまってほしい時に使ったり、本物の猫をじゃらしたりして使う」ということですが、じゃらすんだったらそれこそ猫じゃらしでもいいしなあ。マタタビの匂い付きとかだったら面白いかも。・・・それじゃ人間に使えないか。

そうか、猫好きだけど猫が飼えない人が買うんだ。あるいは猫飼ってるけどもっと猫気分を味わいたい人。ということで皆さんお一ついかがですか? なお僕はバンダイさんとは何の関係もありませんですよ。あと何かぶっ飛んだ話しちゃってすみません。


関係ないけどついでにもう1ネタ。

高級トロの材料として人気が高いクロマグロとミナミマグロが減少傾向にあるようです。資源回復のためには漁獲量削減が必要なんだとか。

ということは、今後マグロの値段が大幅アップするかもしれません。おちおち刺身も食べられません。寿司屋も大打撃です。黄金伝説で「マグロ一匹食べきる」とかやってる場合じゃありません。

とか馬鹿なこと言ってる場合じゃなく、本当に深刻な問題です。原因は人間による乱獲にもあるようですから。それで絶滅してしまった生物も大勢います。マグロがそんなことになってしまわぬよう、考えて行動することが必要になりそうです。
[PR]

by sabasuke | 2006-04-18 03:18 | 雑記

<< 大人もふりかけ ドラゴンクエスト5(PS2) ... >>