渇いた叫び   


近所にあったチェリオの自販機が、
いつの間にかペプシの自販機に替わっていた。

その時100円玉1枚だけを持って家を出ていた僕は、
20円という価値の偉大さに気付かされた。



水道水だって立派な飲み物だよね。うん。
[PR]

by sabasuke | 2012-05-02 03:38

<< 五里夢中 失われた眺め >>