ロマサガ(SFC)の主人公はいつも左利きにしてた   

本日「PCマウスで冷遇される左利き、大半が右手用を使用」という記事を発見しました。

以下記事内容

左手専用のマウスを目にする機会はなかなかない。ほとんどが右利き用だ。左利きのユーザーでもマウスは右手用を使っているのだろうか、あるいは特殊な工夫を施しているのだろうか。

全体330人のうち「右利き」は87.0%(287人)で圧倒的多数だが、それ以外の、「もともと左利き」「左利きを右利きに矯正」「どちらともいえない」ユーザーは合計で13.0%(43人)存在し、決して無視できる数字ではない。

これらの43人に対して現在マウスを操作している手を聞いたところ、「左手」3人、「右手」36人、「両方」4人。右利きでないユーザーの83.7%が右手でマウスを操作していることがわかった。

さらに、「右手」と回答した36人のうち、コントロールパネルの設定やソフトウェアで右手用マウスを左手用マウスに変更できることを知っていたのは、わずか14人だった。

PC の操作にマウスは欠かせないものだ。それを利き手で操作できない不自由は、右利きユーザーには理解できないだろう。少数ユーザーにとって我慢できない不自由、それを解消する製品は、少量ではあるが継続して確実に売れるはずだ。


とまあこんな内容だったわけですが、何を隠そう僕も左利きです。そして右利き用のマウスを使用しています。でも別に不自由はありません。もう慣れちゃってるから。むしろいまさら左利き用に変更したら逆に使いにくいです。

マウス以外でも、僕は右利き用の物は右手で使うことがよくあります。例えばハサミ。左手だと切りにくいので右手を使用します。ギターも右利き用のもので弾いています。本当は弦の張り方を変えれば左利き用になるのですが、最初右利き用に弦が張られたものを使って練習を始めたので、そのまま慣れてしまいました。

ゴルフのスイングも右です。右利き用のクラブしかなかったので、それを振っているうちにやはり慣れました。しかし野球のスイングは左です。バットに利き腕は関係ないのでまあ当たり前です。
包丁は普段左手で使いますが、リンゴなどの皮をむくときだけ右手を使います。これだけは謎です。自分でも理由はよく分かりません。なんとなくそっちのほうがやりやすいんです。もっともゴルフも野球も料理もしたことないんですけどね。

こんな風に書いてると「両利きなんじゃないの?」と言われるかもしれませんが、僕は左利きです。基本的に何をやるにも最初は左手を使おうとしますし、右手は使いづらいことの方が多いです。力も左の方が強いです。あくまで右手で何かをしているうちに慣れてしまうだけです。

ということで、結局「左利き用商品」の需要っていうのはどんなもんなのか分からないんですよね。慣れれば右手でもなんとかなるよ、って感じですからね。特に僕のような貧乏人にとっては、「自分だけのためにわざわざ左利き用の品を買う」ということには抵抗があったりするわけです。・・・僕がケチなだけかもしれない。

まあ物にもよるか。野球のグローブとかだったら左利き用じゃないと手にうまくはめられないですし。右手でボール投げるようにすれば解決するけど。

そういえば左利きだけど文字だけは右手で書くように矯正されてる人って結構多いですよね。僕も幼稚園で矯正されました。なんでだろう。何か特別な理由でもあるんだろうか。
[PR]

by sabasuke | 2006-04-04 02:48 | 雑記

<< 他所様の話だけれど ドラゴンクエスト4 第五章-4... >>