悲しいけど僕ってアナログ派なのよね   

2006年4月1日、ついに携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」がスタートしました。

・・・なにそれ?

えーと、なになに? 地上デジタル放送では1つのチャンネルが13セグメントに分かれた構造となっており、ハイビジョン放送には12セグメント、標準画質の放送には4セグメントが割り当てられている。そして携帯電話などのモバイル機器には1セグメントが割り当てられており、1セグメント放送と呼ばれている。そこからとってサービス名を「ワンセグ」に決定した、と。なるほど。

・・・わかんねーよ。

とにかく携帯電話でテレビが見られるってことですね。しかも従来のアナログ放送よりも画質が向上し、高速移動中でも乱れが少なく鮮明な映像が楽しめるんだとか。これで長時間移動時に暇を持て余していた方も問題解決です。都合よく面白い番組がやっているかどうかは分からないけど。

さらに通常の地上デジタル放送と同じく、番組に関連する情報を配信する「データ放送」も利用することができ、ニュースや天気予報でデータ放送を使えば、自分が知りたい情報をより詳しく調べることができるそうです。それはすごい。以前にも言ったことあるけどもう一回言おう。

便利な世の中になったものじゃのう。

現在サービスは地上デジタル放送の設備が整っている都市部などを中心に、29都府県でしか始まっていないようですが、年内にも全国で利用できるようになる見通しだということです。

また携帯電話以外にも、ノートパソコンやニンテンドーDSなどの携帯ゲーム機、音楽プレーヤーなどでもワンセグ対応してるのかこれから対応させるのか知りませんが、なんかそんなようなことになってるようです。

でもね、携帯電話だろうとゲーム機だろうと、いくらワンセグを受信できるようにしたって無駄なんですよ。

だって僕そういうの、何一つ持ってないから。

・・・だめだ。おっちゃんもうついてけねーや。
まだ20代なのに気分は50代です。まったく最近の若いもんは・・・
なんて言葉を口にし始めた今日この頃。
・・・老けてきました。
[PR]

by sabasuke | 2006-04-02 03:15 | 雑記

<< プレイボール ドラゴンクエスト4 第五章-2... >>