ご自由にお持ち帰り下さい   

今日テレビでちらっと聞いたんだけど、フランスかどっかでは「哲学」をちゃんと学ばなければいけないそうです。「本当の自由とは何か」とか聞かれたら、ちゃんと答えられなきゃだめだそうです。
ということで僕も「自由」について考えてみましょう。

えーと、自由ですか。他から制限を受けたり縛られたりせず、自分の思ったとおりに行動するということですね。従ってルールなど無用、まさに無法の世界での生活を考えてみます。そんな世界ならおそらく単純に弱肉強食の世界になりますね。ということは弱者は強い者に支配されて、好き勝手なことは何もさせてもらえなくなりますね。ということはこれは自由ではありませんね。

やっぱりルールはあったほうがいいですね。では現在のような社会の中での暮らしを考えてみましょう。ここでは必要最低限のルールさえ守れば自由です。しかしその最低限のルールは守らなければなりません。つまり規制があるわけですね。あまり自分勝手なことは許されません。じゃあやっぱり自由じゃないですね。

今度は1人っきりの世界を考えてみます。自分のほかには誰もいません。何もありません。ルールもありません。これで完全に自由です。しかしなんにもないからなんにも出来ません。生きてすらいけません。なんにも出来ないんだったら自由ではないですね。

だめだ、どんな暮らしをしても真の自由は手に入らない。ということはこの世に真の自由なんてものは存在しないのではないだろうか。いやいや、そう結論付けるのはまだ早い。もう少し考えてみよう。

そうだ、たとえ規則に縛られていたとしても、その規則を守るか破るかは自分次第だ。たとえ強者に脅されていたとしても、おとなしく従うか逆らってひどい目に遭うかは自分で決めることが出来る。他人の干渉があったとしても、最終的に自分の行動はいつも自分で決定しているんだ。そういう意味では常に自由ではあるんだ。

ということで結論。
「自由なんてどこにもないけどいつだって自由なんだよ」
うん。とてつもなく矛盾した言葉だ。我ながらすごい結論を導き出した。
自分で言っててもよく分からない。それでもこれが僕の答えです。

まあこれでいいんですよ。哲学ってこういうものです。そもそも明確な答えが出せてしまったらそれは哲学ではないでしょう。はっきりした答えが無いからこそ哲学なんです。自分なりの結論が出せればいいんです。正解は無いんですから。

・・・と、思う。だから答えが出ないからって皆さん考えすぎないようにしましょう。あんまり難しく考え込むと疲れちゃうよ。ただしあんまり考えなさ過ぎるとバカになっちゃうよ。
[PR]

by sabasuke | 2006-03-27 02:56 | 雑記

<< 僕らはそれでも肉を食べる ドラゴンクエスト4 第一章 戦... >>