ぼくらが過ごした永遠   


駄菓子屋ってやっていけてるの?


先ほどふと目に留まりましたこんな記事。
これに関しては僕も前々からずっと疑問に思っていたのですが、
どうやらこの記事を読む限りでは、

結論:無理。

との事であります。
だとは思ってたけどやっぱりそうだよなあ。

ということは僕の親父の代には既に店を構えており、
近所のスーパー等が次々と潰れていく中で
今現在なお営業を続けているあの小さな駄菓子屋さんも、
子供たちの笑顔のために儲けを度外視して
ずっとお店を存続させてくれているってわけかい!

イカスぜ・・・あんた最高にブラボーだぜ・・・!!

ただ上記のリンク先の記事、
「賞味期限が切れたときの売れ残りや、後を絶たない万引き被害は、すべて店の損になる」
なんてことを言っているけど、




期限切れでも普通に売ってました。




しかしそのことに文句を言う客は一人もいない。
なぜならばそれが駄菓子屋クオリティ!
むかし父が古くなったカレーパン食べて腹壊したのも今となってはいい思い出さ!

でも今そんなことが起きたら確実に営業停止だ!
気をつけろ駄菓子屋!



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
510点。昨日の水準維持。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「購う(贖う)」




正解は「あがなう」でした。
意味は「購う:『買う』の意の雅語的表現
     贖う:お金や品物で、罪や失敗の埋め合わせをする」
[PR]

by sabasuke | 2009-02-07 00:26 | その他

<< 気まぐれロマンティック 離れずに暖めて >>