はばたいて鳥は消える   


<スズメ>国内生息数、半世紀前の1割に 全国調査で判明

国内のスズメの生息数が1800万羽にとどまることが、立教大理学部の三上修・特別研究員の調査で分かった。餌場の田畑と、巣を作る木造家屋の減少などにより、最近20年足らずで最大80%、半世紀前との比較では90%も減少したとみられる。スズメの生息数を全国レベルで推計した調査は初めて。



数字の信憑性がどの程度のものかは分からないけど、
80~90%とはまた半端じゃない減少率だ。
まさかスズメがそんなにも少なくなってきていたとは・・・

そう言われれば確かに僕が子供のころに比べると、
スズメを見かける回数は減ってきている気がする。
いや、単純に僕が外に出なくなったって事は抜きにしても多分。
代わりに以前は見かけなかった鳥を見かけるようにもなったし。

めまぐるしく変わりゆく環境。それに伴い狂いつつある生態系。
この現代社会が抱える問題に我々はどう立ち向かうべきだろうか。
とりあえずこれだけは言っておきたい。




うちのネコがよくスズメ狩っててごめんなさい。






今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
449点。どん底。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「淑やか」




正解は「しとやか」でした。
意味は「言動が落ち着いていて、好ましい感じを与える様子」
[PR]

by sabasuke | 2009-02-04 01:00 | その他

<< バクダン・ジュース 赤い砂漠の伝説 >>