FE 新・暗黒竜と光の剣 H5攻略日記7   

断腸の思いでリンダたんをあきらめ攻略続行。
本日は12章~





12章開始前にバーツをマスタープルフで上級職へ。
海賊時代に力が予想以上に伸びてくれたので、
勇者にしてやると技・速さ補正の効果でかなり使いやすくなる。
ダロス(現在傭兵)もしっかり守備力伸びていってるし、
パワーのバーツ、ディフェンスのダロスで勇者ツートップを組む構想は順調だ。

というわけで攻略開始。
まずはそのバーツをいきなりワープで飛ばして人質を救出させる。
ボルガノン持ちの敵魔道士を一撃で粉砕。すばらしい。

とりあえず人質の安全さえ確保すれば後はどうってことないマップだけど、
一人だけいる名無しのただの雑魚マムクートがなぜか異常に強い。
どう考えても敵将のボーゼンなんかよりはるかに強い。
速さ高くて普通に2回攻撃してくるし。マルス瞬殺されてる場合じゃねえよ。

しかし所詮はマムクート、遠距離攻撃は出来ないので、
新たに入手したマスタープルフでクラスチェンジした
カイン(スナイパー)とマリク(賢者)の集中砲火により撃破。

にしてももしかしてこの先みんなマムクートが超強化されてるのか?
マムクートの王国あたりの攻略は地獄になりそうだな・・・


続いて13章。グルニアの木馬隊登場。
ノーマルでさえかなりの高難度だったこのマップ、
それが今回はハード5ってことであんまり難易度変わってなかった。

というのもシューター、もれなく攻撃力は強化されてるけど、
命中率の低さはたいして補正がかかっていない。
つまりはストンヘッジなんぞ滅多に当たらないからさほど気にならない。
予想に反して別段苦労も無くあっさり終了。


そして14章。
ここはノーマルでは簡単だったけどハードでも簡単だった。
ついに仲間になった最強キャラカチュアたんの育成に全力を注いで終了。
[PR]

by sabasuke | 2009-01-25 00:04 | ゲーム

<< 土曜日の嘘 いつも何度でも >>